PicoCELAの強み

国内外で130サイト以上の運用実績を有しており、年間延べ利用者数は100万人以上に達するPicoCELAの技術をご紹介いたします。

無線通信の連続性は、
あらゆる世界の可能性を広げる

わたしたちPicoCELAは無線マルチホップ接続でLANケーブルをなくし、高速・スムーズ・安定・連続なネットワークを構築することができます。
そのため、ケーブル配線を最大9割削減したり、設置コストを最大7分の1に削減するなど大幅なメリットが生じるだけでなく、移動式の通信を網羅したい、人が入れない場所に遠隔操作ロボットを導入し操作を安定させたいなど、幅広いニーズに応えることができます。
もちろん、安全なデータ通信、通信ダウン時間を一掃することなども、どこからでもクラウド経由で管理できるので安心です。

データを複数の
無線デバイス経由で中継

無線 LAN コントローラ不要で、迅速で簡単な設置ができる点も導入される大きな理由となっています。
PicoCELA 技術を搭載した IoT 機器群は、自動的に経路を設定。無線マルチネットワークをすぐに構成します。
オフィスの通信環境を無線に切り替えるだけでなく、機密情報を扱う部署だけは異なる接続設定にすることも容易です。そのためフレキシブルにビジネス環境を変化させることなどにも長けています。
つまりどのような環境でも、そしてこれまで設置を諦めてきた場所でもこれ一つでネットワークが出来上がります。
屋外でドローンを複数操作しながら移動することや、キャンペーン中にそのエリアだけデジタル通信を用いた施策を行うなんてことも簡単にできます。

PicoCELAが目指すのは、新しい時代を支える
プラットフォーム事業の創造です。

私たちが研究開発を進めてきた、LANケーブル配線を不要にする高性能無線バックホール技術や、通信ネットワークのスモールセルを広げる基盤技術などが、プラットフォーム事業の創造を実現する礎となります。
これらの技術革新は、あらゆる人々が快適で廉価な通信サービスを享受できる社会の実現に貢献するインフラ基盤技術であるだけでなく、人々の生活空間に偏在する情報とインターネットを今以上にフレキシブルに結びつけて、情報通信産業に革新的な数々のサービスをもたらす立役者となるものです。
現在、従来型の通信ネットワークは、周波数資源の限界やモバイルの爆発的なトラフィック量の増加、それに伴うユーザーエクスペリエンスの低下といった深刻な課題を抱えています。この喫緊の課題に対し、ひとつの解決手段を提供するのがPicoCELAのデバイスとソリューションです。
これらのソリューションは、我々がPCD(ピコセラ認定開発者制度)と呼んでいる、パートナー様との共同作業で実現できるものと考えております。

PicoCELA創業者 兼 代表取締役社長
工学博士 古川 浩