法人向けWi-Fiメッシュのパイオニア


Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/picocelacorp/picocela.com/public_html/wp-content/themes/massive_tcd084/functions/menu.php on line 48

PicoCELA(ピコセラ)と錢高組 Wi-Fiとビーコンタグを組み合わせた低コストな屋内測位システムの構築に成功

PicoCELA株式会社 (本社:東京都中央区、代表取締役社長:古川浩、以下 ピコセラ) と株式会社錢高組

(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:錢高 久善、以下 錢高組) は、Wi-Fiとビーコンタグを組み合わせた低コストな屋内測位システムを物流倉庫で活用する実証実験を、ピコセラのLAN配線工事レスのアクセスポイント (PCWL-0400) 、同社クラウドシステムPicoManager(ピコマネージャー)を用いて実施しました。この実験では、無線LANアクセスポイントであるPCWL-0400に、BLE (※) 通信機能を搭載することで測位機器としてのシステムを構築。測位情報についてはPicoManagerへ連携、表示させることで物流倉庫内での高所作業車の位置把握などの現場管理における実用化を実証しました。屋内環境では、刻一刻と変化する現場状況に対応するための初期投資費や維持管理費などにかかるコスト負担が大きいことが課題となっていましたが、本実験により低コストでのシステム構築に成功しました。

(※)BLE:Bluetooth Low Energyとは、無線技術であるBluetoothの一部で、バージョン4.0から追加になった低消費電力の通信モードのこと。

従来、屋内測位システムは屋内測位用BLE通信の受信機と、その情報をネットワークに送信する無線LAN機器が別々となるため、経済性や柔軟性、拡張性に欠けていました。 錢高組は、ピコセラの無線LANアクセスポイントにBLEの受信機能を一体化することで測位機器として使用できるのではないかと着目し、本実験に至りました。

本実験では、BLEのブロードキャスト機能 (省電力で到達距離約100mの電波を送信する機能) を用いることで、アクセスポイント数の削減に成功しており、たった4台の測位機器で実験を実施しています。そして、1フロア約20,000㎡ (100m×200m) の物流倉庫で稼働中の高所作業車をリアルタイムで把握しました。実験の結果、従来システム (BLEのペアリング機能:省電力で到達距離約15mの電波を送受信する機能) と同等の測位精度が得られることを確認し、Wi-Fiとビーコンタグの組み合わせによる低コストでの室内測位システムの構築を実証しました。

実験で使用した無線LANアクセスポイント
「PCWL-0400」

今後ピコセラは、PCWL-0400を建設現場や物流倉庫、工場、大規模商業施設、オフィスなどで広く使用いただける
アクセスポイントとして提案してまいります。

PR Timesでのニュースリリースはこちらからご覧くださいませ。
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000028.000035736.html

関連記事

最近の記事 おすすめ記事
  1. 登録されている記事はございません。
  1. あなたの使うスマホが干渉をまき散らす、テザリングの利用にご注意を! 【社長ブログ】第2回

  2. メッシュWi-Fiは厄介なり(汗)社長ブログ第4回

  3. 2つの通信「りょう」が翻弄する日本のモバイル通信の今後 社長ブログ 第16回

カテゴリー

アーカイブ

検索

TOP
TOP